不用品の3つの処分方法を紹介!販売~有料処分のメリット&デメリット

こんにちは。

いらないものが出たとき、「できるだけ安く、できるだけ楽に家電や家具をを処分したい」と思いますよね?

家電や家具などの不用品の処分は、方法次第で収入になったり出費になったりします。

今回は、「売る」「譲る」「有料で依頼する」3つの処分方法をご案内します。

またそれぞれのメリット・デメリットから費用の相場まで解説します。

最適な処分方法を見つけて、サクッといらないものを処分して片付けましょう!

1.売って処分する

まず、はじめに思いつくのは「売って処分」することだと思います。

いらなくなったものを処分するついでにお金まで手にすることが出来たらうれしいですよね!!

フリマアプリやヤフオク

「売って処分」する方法のひとつに、ヤフオクやメルカリ、ジモティーなどがあります。

こういったサイトやアプリを利用することで、今では誰でも手軽に処分できます。

ただ、最近では「送料込みが当たり前」のような風潮になっているので稼ぐことに固執していては、なかなか売れずに処分できない・・・。なんてことも。

引っ越しや、買い替えなどで処分の期日が決まっている場合は

「タダで捨てるよりはマシ」

「お金をかけて処分するよりはマシ」

と割り切って、サッサと売却しましょう。

リサイクルショップや買取業者に依頼

フリマアプリなどの他に、リサイクルショップや買取業者に依頼する方法もあります。

ヤフオクやメルカリなどでは、自分で直接購入者とやり取りをする必要があるのですが、そういった連絡や作業などが面倒に思う人、早く処分したい人は業者に依頼するといいでしょう。

自分で直接売るよりも、手元に入るお金は少なくなってしまいますが、顔の見えない相手に気を遣うことはありませんから。

それに、業者の中には買取に自宅まで来てくれるところも多いので、電話やメールだけで処分できるのでとっても楽です。

ただ、1つ注意点があるとしたら、「なんでも買い取ってくれるとは限らない」ことでしょうか。

製造から〇年以内、メーカーや型番の規定があるなど業者によって様々です。

買取対応の製品なのか業者にしっかりと確認を取る必要があります。

2.無料で譲る

お金に換えて処分することが難しい場合、次に考えるのは「無料で処分」する方法かと思います。

何の利益も出せないのは残念ですが、「お金を払って処分するよりはマシ」と割り切って前向きに考えましょう!

ジモティー

無料で処分する場合におススメなのが「ジモティー」です。

売る方法でも軽く紹介しましたが、ジモティーでは売る以外にも「譲る・あげる」という使い方もあります。

メルカリやヤフオクと違い手数料が一切かからないので、ジモティーを通じて0円で成約したとしても、あなたの懐は痛くもかゆくもありません。

それに、タダなら欲しいという人は思いのほかたくさんいるもので、「引き取りに来てくれる方のみ」と条件を付けていたとしても、割とすぐに引き取り手がみつかります。

また、運よく良心的な人が引き取りに来てくれた場合は、気持ち程度のお礼をいただくことがあるかもしれません。

輸出業者に依頼

全く需要がなくて引き取り手の見つからないものでも、無料で処分することを諦めないでください!

輸出業者であれば、世界中のあらゆる国に販路を持っているので、国内向けのリサイクルショップでは買取査定の対象外の製品でも無料で引き取ってくれる可能性が高いのです。

ネットで探せば、業者に連絡していらないものを送るだけで処分できますよ。

3.有料で引き取ってもらう

どう頑張っても引き取り手が見つからなかった・・・。

そんな時は最終手段ですが、お金を払って引き取ってもらいましょう。

お金を払えば労力も時間もかけずに処分できますから、決して損な方法ではありません。

自治体

リサイクル品目やパソコン以外の電化製品であれば不燃ごみとして回収できます。

自治体にもよりますが不燃ごみとして出せるものはゴミ袋代だけで済むでしょう。

不燃ごみとして出せないリサイクル品目やパソコンなどは郵便局やコンビニなどでリサイクル券やシールを購入し、指定の場所に各自で運び出して処分しましょう。

回収の日時の指定があるところもあるので急いでいる場合は向いていないでしょう。

また、自治体ごとによってルールが異なるので、住んでいる自治体に確認することをおすすめします。

不用品回収業者

自治体よりはお金はかかってしまいますが、電話やメールだけで冷蔵庫や婚礼ダンスのような重たいものでも、自宅まで取りに来てくれるので断然楽です。

その時の業者のスケジュールにもよると思いますが、即日回収をうたっている業者も多いので急いでいる人は助かりますね。

住宅街で見かける「無料でなんでも回収いたします~。」などと音楽にのせて走り回っているトラックには注意したほうがいいです。

不燃ごみで出せるような電化製品は無料だけど、冷蔵庫のような大きな家電やリサイクル品目は別料金が発生し、高額な処分費用を請求されることもあるので気を付けてください。

見積もりは無料なのか、確認してから依頼するといいでしょう。

家電量販店

買い替えの場合、お店の人と交渉すると処分代をサービスしてくれたりします。

買い替え以外の場合だと、電化製品の種類にもよりますが、処分費用が3,000円~10,000円程度と見積もっておくと良いでしょう。

また、運び出しなどの作業代金として追加料金がかかることもあるのでよく確認しましょう。

メーカー

家電量販店と大体は同じような感じですが、場合によっては時間がかかることが多いので、急いでいる人には向きません。

時間がたっぷりある人ならおすすめしますが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする